20181223

長い話を書く間に短い話を書く癖がある。しばらくは短い話を量産するような気がする。 今日は話題になっていたため、ボヘミアンラプソディーを観てきた。クイーンの曲は知らないなぁどんなバンドだろう、という気持ちで観に行ったのだが…

20181222

しもいねたに、ご注意。えどがいくんがうんぬんかんぬんうにゃうにゃむにゃむにゃしていたらいいのに系の話をします。 成人済みのえどがいくんが哺乳瓶でミルク飲んでるのが可愛い。時々ストレスで赤ちゃん(精神的に)なってしまうのも…

Fashionable Easter2018振り返り

2014年から毎年開催されている東京ディズニーシーのイースターのイベント、ファッショナブルイースター2018年度を振り返ろうかなぁと思います。個人的に編曲は2017年度が一番好きなのですが、とりあえず2018年を振り返り…

イツクリ振り返り1

2018年のクリスマスはイッツ・クリスマスタイム!ミッキーたちがクリスマスのショーでハーバーでゲストたちをお迎えしてくれます。ハラショー! 今日はラス日が近いのでインパしましたが、あいにくの雨です。それなので、ニューヨー…

鶴江鶴 花札 原作軸

鶴江のようなそうでもないような。 「花札、ですか?」 「あぁ、お互いに勝ったら好きなことを相手に命令する。どうかね」 「い、いいですよ」 江渡貝は頭の片隅で頭をなでてもらおう、と考えながら答えた。 やや鼻の下が伸びている…

鶴江鶴 16歳と7歳 鶴見と江渡貝

ランキング順位より鶴見7歳、えどがい16歳設定。このあとランキングどうなるかな。 「君は?」 良い家の子供なのだろうか。 きちんとした身なりの小さな少年が道端に座り込んでいた。 迷子なのだろうか。 江渡貝はそこに座り込む…

雨の中、

自分の書いた話を読み返してみると不思議なくらいに雨降りの日に、恋に落ちるエピソードがちらほら……きっと雨の中って世界がいつもより小さくて、でも雨の隙間を通り抜ければ晴れ渡る世界が広がっているから人を好きだと気付きやすい天…

月江月 現パロ

現パロ月江月 ※あまり受け攻め関係ないです。 セーター、ワイシャツ、薄手のニットに肌着にハンカチ。 江渡貝はそれらを無心でたたみながら、日中の会話を思い出していた。 それは、カフェでの出来事だった。 白い丸い皿の上には、…

20181221

後半下ネタですよ! 年末の仕事が急になくなつた。今から一人旅の予定立てるのはきついだろうか……いっそ海外にいきたい。でも冬コミにも行きたいから悩んでしまう。冬コミの予定がなければ、台湾かヨーロッパかな、旅費高いな……うっ…