海が聴こえる(鶴江渡)

海が聴こえる あぁ、この箱。 江渡貝は作業の手を止めて窓際に置いていた小さな小箱に目をやった。 「開けてみようかな」 この小箱は江渡貝が鶴見からもらったものだった。 鶴見は「明日、ここを出発するから2,3日帰ってこない。…

記憶 鶴江渡的なもの

鶴江渡的なもの。現パロ。 僕には昔から動物園に行くと、水族館に行くと妙に緊張した。 今現在は憧れの鶴見さんが隣にいるから、というのも緊張している原因かもしれない。 今日、僕と鶴見さんは動物園に来ていた。 北国にある小さな…

百合な鶴江渡 後天的女体化

ある日突然女の子になってしまった鶴江渡の話。 朝目が覚めると、江渡貝の身体は女の子の身体に変わっていた。 前世であれば、おちんちんのない体をしていたが、やはり、普段ついているものがないと違和感を感じる。それに、思いのほか…

ピヨがいくんとクリスマス

クリスマスが近くなってぴよがいくんはサンタさんにお手紙を書く。 書いたお手紙は鶴見さんに渡してサンタさんに届けてもらうシステムだ。 でも、本当は鶴見さんが手紙をみて、ぴよがいくんへのプレゼントを用意する。 ぴよがいくんの…

りんごとゆきだるま

時刻はまだ15時。しかし、粉雪が降り始めたこの場所では、空は雲に覆われており灰色をしている。江渡貝は赤い手袋に白と赤の縞模様のマフラー、ウールのダッフルコートを着て外に出た。買い物に行くような予定があるわけではない。自宅…

待ってて、鶴見先生!(サンプル)

鶴江渡、現パロ、学パロです。 全年齢向けです。 冬の終わりが近づいている。 道端に並ぶ草木も冬の終わりを感じ取っているのか、春に備えて植物も静かに息をしているように感じた。 そうはいえども、高校の制服の上に指定のコートを…