推し福袋(自作)レポ

2019年に江渡貝くんの福袋を作ったので、買った気になって福袋開封レポ。

今回購入したのは、江渡貝くぅん福袋です。中身は開けてからのお楽しみ……。8点入った豪華福袋です。

江渡貝くぅんと一緒に福袋を開けてみようと思います。楽しみだね、江渡貝くん!ちなみに福袋の袋は洋服屋さんのショッパーなので金カムに一切関連ありません。お遊びで作った福袋故、非公式グッズも入っています。ネタとして読んでいただけたら嬉しいです……!
中身は左上あたりから……。まずはヤサクエドガイのショッパー。単行本やDVDが入るマチ薄めのミニサイズ。持ち手や紙がしっかりした素材でシックな仕上がりとなっております。とくに8巻53ページの衣装の足先まで見えて嬉しいなぁと思いました。右の江渡貝くんは通常の江渡貝くん。見慣れた姿にほっとします。
それから、16巻のブックカバー。こちらはクリアファイルに入れたりしておかないとくるっとなってしまいますが、全面江渡貝くん。七変化が楽しめるお正月にぴったり縁起のいいデザインでした。
シロクマエコバッグ。たくさん入るし、肩掛けでも使えて便利です。白菜や大根など鍋の材料を買うときに便利そうだなぁと思いました。さりげなく江渡貝くん好きをアピールしたい時などデイユースにも配慮されたオシャレバッグ。可愛いしヘビロテの予感……。
刺青人皮タオル。偽物なのか本物なのか。手を拭いたり広げて推しに想いを馳せる時に便利そうだなぁと思いました。とりあえず一巻の鶴見さんスタイルでつかいたいなぁと思ったので部屋の壁に貼っています。
アクリルスタンド。お家にすでに江渡貝くんスタンドが住んでいますが、二代目のお迎えを検討していたので嬉しかったです。背景の鶴模様も和風で可愛らしいです。よしよしぺろぺろ。
コースター。原宿のカフェでいただきました。ちょっと困り顔で可愛い。アニメ13話で鶴見さんがお家に来た時の迷惑そうな顔ですね。可愛いです。お顔の上にお茶置くのなんだかいやだなぁ……コースターとしては使わないかもしれませんが、部屋に飾ろうと思います。
オリジナルサイコ。後半まだ読んでなかった……。表紙の雰囲気が柔らかな色調で、部屋のインテリアとしても……。
8巻。カッコいい尾形の表紙と、裏側の家の前に佇む猫持ち江渡貝くんの裏表紙です。二冊目の8巻ですが、一冊目の8巻がややへしゃげて来たのでちょうどよかったかもしれません。カラー口絵もかっこよくて素敵です。個人的に56ページとか好きです。

以上、新春推し福袋(自作)開封レポでした☆
Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Print this page
Print