ピヨがいくんとクリスマス

クリスマスが近くなってぴよがいくんはサンタさんにお手紙を書く。
書いたお手紙は鶴見さんに渡してサンタさんに届けてもらうシステムだ。
でも、本当は鶴見さんが手紙をみて、ぴよがいくんへのプレゼントを用意する。
ぴよがいくんの欲しいものには、ふわふわタオルと書かれていて可愛いなぁと思う鶴見さん。それと同時に考えるのはほかにおもちゃとかお菓子とかカワイイものとかは要らないのかなということだ。
クリスマスイブの日に鶴見さんは眠るぴよがいくんの枕元にふわふわのタオルと、ぴよがいくんが喜びそうなお菓子の詰め合わせを置いておく。
翌朝のぴよがいくんはふかふかタオルを嬉しそうに抱きしめる。
「これでつるみしゃんのおでこ拭いたりできますね」
ぴよがいくんはやさしいヒヨコの男の子。
隣にあるお菓子もぴょんと飛び跳ねて喜んで、鶴見さん、一緒にたべましょ!と言ってくるくるその場で回っていたらかわいい。

MerryChristmas!

Share this...
Tweet about this on Twitter
Twitter
Print this page
Print